風俗出稼ぎ求人の出稼ぎ女子|デリヘル・ソープ高収入アルバイト

東京の風俗出稼ぎなら美術館巡りがおすすめ!

東京風俗出稼ぎは渋谷のBunkamura The Museumへ

東京 渋谷区道玄坂 Bunkamura By Tyoron2 (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

デリヘルやエステなどの風俗が多く集る渋谷で風俗嬢さんにオススメしたい美術館は複合施設Bunkamuraの中にある「The Museum」という美術館です。この美術館はいつでも気軽にアートを楽しめるをコンセプトとした自由型の美術館で、より多くの方に美術を気軽に楽しんでもらうよう金~土曜日は21時まで開館しているので、お仕事終わりの風俗嬢さんでも時間を気にせず気軽に足を運べるのではないでしょうか?展示内容は近代美術を中心とし、それまで日本で取り上げられることが少なかった作家の作品や海外の有名な名品展など様々な展示が行われています。館内は可動壁面パネルによって構成されているので展示ごとに違う空間を楽しめ何度でも足を運んでみたくなること間違いなしです。
Bunkamuraには美術館以外にも数々の公演が行われているオーチャードホールや映画館、レストランなど様々な施設があるので1日楽しめること間違いなしです。
是非若者の街渋谷で近代美術のアートに触れてみてはいかがでしょうか?

住所:〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2−24−1
営業時間:10:00~18:00(入館は17時半まで)
毎週金・土曜日は21時まで(入館は20時半まで)
アクセス:JR線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩7分 電話番号:03-3477-9111

六本木大好きな風俗嬢さんにオススメのサントリー美術館

東京 サントリー美術館 By Rs1421 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

ハイレベルな風俗やデリヘルの多い六本木は風俗嬢さんにも人気のエリア。そんな街六本木には3館の大規模な美術館が集積し、日本の重要な美術の拠点とされています。まずオススメしたい美術館は東京ミッドタウンガレリア内にある「サントリー美術館」です。サントリーという聞き覚えのある名前が付いているのは、1961年、飲料メーカーサントリーの社長佐治敬三氏がこの美術館を開館したことから命名されています。
「サントリー美術館」ではよく展示で目にする彫刻や絵などの芸術作品ではなく、人が毎日の生活の中で感じる「美しい」という心に焦点をあて、毎日のように使う道具や、自然、人間の立ち振る舞いなど国独特の美しいと感じる「生活の中の美」を展示する美術館です。
収蔵品は約3000件に及び、中には重要文化財や国宝も含まれています。「サントリー美術館」へ足を運んで、普段生活をしている中で自然と感じている「美しい」という心を再確認し、新たな発見をしてみてはいかがですか?

住所:〒107-8643東京都港区赤坂9-7-4東京ミッドタウン ガレリア3階
営業時間:10:00〜18:00(金・土は20:00まで開館)
アクセス:都営地下鉄大江戸線「六本木駅」出口8より直結
東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」出口3より徒歩約3分
電話番号:03-3479-8600

出稼ぎしたら日本を代表する国立新美術館へ

東京 港区六本木 国立新美術館 By Wiiii (Own work) [GFDL or CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

六本木に集る日本の重要な美術館3館のひとつ、「国立新美術館」は平成19年、六本木に開館した日本で5館目の国立美術館です。1万4000㎡もある日本最大級の展示スペースを活かした大きな展示会は見ごたえバツグン。美術館の特徴として、収蔵品を収集するのではなく、主に公募や企画の展示を行っているのが日本の美術館では珍しいポイントです。
「国立新美術館」のもう一つの大きな特徴と言えば外観のなめらかな曲線が印象的な波打つようなガラス窓です。外から見てももちろん綺麗ですが、内側からは大きなガラス張りの窓から自然光が差し込みとても明るく、館内に居ながら開放的な気分にさせてくれます。館内ロビーの吹き抜け空間には大きな逆円錐が二つあり、逆円錐の上にはレストランやカフェスペースがあり、こちらは入館料など払わず利用できます。実はこのカフェスペースはあの大ヒットアニメ映画「君の名は」にも登場したカフェなので、「君の名は」ファンの風俗嬢さんは聖地巡礼してみるのも面白いかもしれませんね。
この美術館を設計したのは黒川紀章という人物で、数々の賞を受賞した日本を代表する建築家です。「国立新美術館」は黒川紀章の手掛けた最後の美術館でとても貴重な建物なので出稼ぎ風俗嬢さんも訪れた際には是非建築のデザインにも注目していただきたいです。
デリヘルやエステで働く風俗嬢のお友達を誘って芸術作品を鑑賞した後、カフェやレストランスペースでほっと一息ついてみてはいかがでしょうか?

住所: 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
営業時間:10:00〜18:00
アクセス: 東京メトロ千代田線 「乃木坂駅」青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
休館日:毎週火曜日
電話: 03-5777-8600

風俗嬢さんが六本木ヒルズに訪れたら絶対に行くベき森美術館

東京 港区六本木 森美術館 By Matt Lucht [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

六本木に集る日本の重要な美術館3館、最後の紹介は風俗嬢さんも大好きな六本木ヒルズ森タワーにある「森美術館」です。森美術館は六本木ヒルズ森タワーの53階に位置する日本最高所の美術館です。現代アートを中心に、デザインや建築など国内海外のアーティスト問わず斬新な企画展を開催し、国際的にも注目されているとても評価の高い美術館です。
大人の街六本木にある美術館としての大きな特徴は22時まで開館しているので、お仕事終わりの風俗嬢さんでも時間を気にせずに足を運ぶことができます。
また、美術展示だけでなく、追加料金を支払えば52階にある東京シティビューと屋上のスカイデッキへの入場することができるので、美術館でアートに触れた後、東京の景色を一望してみるのもいいかもしれません。

住所:〒106-6108 東京都港区六本木6丁目10−1
営業時間:10:00~22:00(最終入館 21:30)(火曜日のみ10:00~17:00)
アクセス:東京メトロ日比谷線 「六本木駅」1C出口 徒歩0分
都営地下鉄大江戸線 「六本木駅」3出口より徒歩4分
電話番号:03-5777-8600

ジブリ好きな風俗嬢さんに訪れてほしい三鷹の森ジブリ美術館

東京 三鷹の森ジブリ美術館 By Rob Young from United Kingdom (Ghibli Museum, Mitaka) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

「三鷹の森ジブリ美術館」にはジブリにまつわる展示が沢山!ジブリファンの風俗嬢さんや、ジブリにあまり詳しくない風俗嬢さんも東京に出稼ぎに来たら是非一度足を運んでいただきたい場所です。「三鷹の森ジブリ美術館」は館主であり数々のジブリ映画の監督を務めてきた宮崎駿氏の思いやこだわりがちりばめられた遊び心あふれる不思議な美術館です。
地下1階から地上2階建ての館内にはジブリにまつわる展示物が沢山。常設展示では原始的なアニメーションの原理、展示や歴代作品の貴重な資料や絵コンテ、さらにアニメ映画製作の現場を再現した展示ではジブリの映画が完成するまでの過程や雰囲気を体感することが出来ます。企画展示では期間限定の展示を、映像展示室では三鷹の森ジブリ美術館でしか観る事の出来ないオリジナル短編映画を上映しているので、企画展示の内容や映画の上映スケジュールなどは事前に要チェックです。館内は基本撮影禁止ですが、屋上庭園には撮影OKのとっておきフォトスポット、高さ約5mもある大迫力のロボット兵が。このロボット兵は天空の城ラピュタに登場したキャラクターで、美術館の守り神なんだとか。
一通り館内を見学したら一息つけるカフェ麦わらぼうしへ。このカフェは豪華ではないけど、お母さん、お父さんが腕によりをかけて作ってくれたあたたかい家庭料理のようなメニューを提供してくれます。もちろん素材にもこだわり、有機農園で育った野菜を使用しています。まるでジブリ映画に出てきそうな料理をジブリの世界観を感じながら堪能してみてはいかがでしょうか?

住所:〒181-0013 東京都三鷹市下連雀1丁目1-83
営業時間:10:00〜18:00
アクセス:JR「三鷹駅」南口より徒歩15分
電話番号:0570-055-777

出稼ぎしたら日本を代表する浮世絵師の作品もチェック

風俗出稼ぎ激戦区の錦糸町から電車で1駅というアクセス抜群な両国。そんな両国に、日本を代表する浮世絵師の美術館が2016年に開館したことをご存知でしょうか?両国駅を出て5分ほど歩くと近代的なデザインの建築物が見えてきます。それが「すみだ北斎美術館」です。「すみだ北斎美術館」は、世界的に有名な江戸後期に活躍した浮世絵師葛飾北斎の作品を展示、収蔵する美術館です。北斎の代表的な作品は、力強い波と背景の富士山が描かれた「神奈川沖浪裏」や赤く着色された富士山が特徴的な「凱風快晴」があり、きっとこの2つは風俗嬢さんたちも目にしたことがあるかと思います。
館内には7つのエリアから構成される常設展示室の他に、図書室やミュージアムショップ、企画展示室があり、葛飾北斎の世界観に触れることができます。常設展示では各期に分かれた北斎の代表作を実物サイズの高精細レプリカと北斎の生涯をタッチパネルなど最先端の方法を交えて展示してあります。企画展示では時期により展示物も違い、レプリカではなく実物の北斎の作品を鑑賞することが出来る機会があるかもしれないので、事前に足を運ぶ前にチェックしてみることをオススメします。

住所:〒130-0014 東京都墨田区亀沢2丁目7番2号
営業時間:9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(月曜が祝日または振替休日の場合はその翌平日)
アクセス:都営地下鉄大江戸線「両国駅」A3出口より徒歩5分
電話番号:03-5777-8600

西洋の作品もチェックしたい風俗嬢さんにオススメの国立西洋美術館

東京に風俗出稼ぎに来たら必ず一度は訪れたい街、上野。そんな上野には動物園やアメ横以外にも見所沢山のスポットがあります。上野公園内外には博物館や美術館など文化や芸術にまつわる施設が集合しています。その中でも今回オススメしたいのは「国立西洋美術館」です。「国立西洋美術館」では、西洋の芸術品を専門とする美術館で、独立行政法人国立美術館により運営されています。常設展示物は、中世末期~20世紀初頭にかけて制作されたの西洋美術を展示しており、この展示物は川崎造船所の社長であった実業家松方幸次郎氏が集めた貴重な美術作品であり、松方コレクションと呼ばれています。常設展示だけでもかなりの見ごたえですが、企画展示では毎回人気の展示を行っていて、展示が入れ替わるたび訪れるリピーターもとても多いので何度でも足を運んでみたいと思える美術館です。館内だけでなく、庭に展示されているロダンの彫刻も人気の一つです。入場料を払わず無料で見れる庭には有名な「地獄の門」や「考える人」の彫刻があり、これだけでもかなりの見ごたえを感じられること間違いなしです。また、2016年、「国立西洋美術館」は、ル・コルビュジエが設計した美術館として世界文化遺産に登録されました。1階の柱が建物を支える「ピロティ」という建築方法はル・コルビュジエの特徴的な手法です。
沢山の芸術の集大成、「国立西洋美術館」へ足を運んで芸術の世界に浸ってみてはいかがでしょうか?

住所:〒110-0007 東京都台東区上野公園7番7号
営業時間:9:30~17:30
金曜・土曜日 9:30~20:00
休館日:毎週月曜日
アクセス:JR「上野駅」公園口出口徒歩1分
電話番号: 03-3828-5131

東京に出稼ぎに来たらまずはここ!三菱一号館美術館

東京 千代田区丸の内 三菱一号館美術館 By Wish.F (own work) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

遠方から東京に風俗出稼ぎに来た際必ずといっていいほど立ち寄る場所東京駅。そんな東京駅から徒歩5分で行けてしまう美術館「三菱一号館美術館」をご紹介します。
名前にもあるとおり、三菱地所が運営する美術館で、煉瓦造りの建物が特徴の建物です。この建物は丸の内初、洋風事務所として建設され、当時は投資会社や銀行、貸事務所が入っていましたが、老朽化により1968年惜しまれながらも解体されました。しかし2010年、三菱地所による再開発で当時の建物のレプリカとして再建され、現在は「三菱一号館美術館」として運営されています。「三菱一号館美術館」では19世紀末近代美術全盛期に制作された作品のコレクション以外にも、年に3回、19世紀後半~20世紀前半を中心とする美術作品の企画展を行っているので、毎回違った企画展を鑑賞することが出来ます。また、館内で当時銀行として使われていたスペースは現在カフェスペースとなっていて、当時の雰囲気を楽しみながら食事をする事も可能なので、美術作品を観た後、風俗嬢さんのお友達を誘ってランチやディナーをしてみてもいいかもしれませんね。

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-6-2
営業時間:10:00〜18:00
休館日:毎週月曜日
アクセス:JR「東京駅」丸の内南口徒歩5分
電話番号: 03-5777-8600

検討中リスト

特集

求人速報

SNS

お知らせ

PAGE TOP