風俗出稼ぎ求人の出稼ぎ女子|デリヘル・ソープ高収入アルバイト

お手軽に綺麗な女性を目指せる「小顔矯正」。

お手軽に綺麗な女性を目指せる「小顔矯正」。

「小顔矯正」。
このネーミングには、ものすごく顔が小さくなるような、そんな魔法の威力を感じられます。

実際のところは、効果があるのでしょうか。
小顔矯正をして、顔が一回り小さくなったというような声はききます。
逆に、まったく効果がなかったという意見もあります。
人によって、効果はそれぞれということでしょうか。
やはり美容意識を高めようと努力しても、必ずしも自分に該当するとは限らないのでしょうか。

化粧では隠せない。小顔矯正に惹かれる理由とは・・・

お手軽に綺麗な女性を目指せる「小顔矯正」。

ではそもそも何故女子は、小顔矯正に行きたいと思うのでしょうか。
それはもちろん顔を小さくしたいということにあります。
顔の小ささは化粧でどうなることではないのです。
だからこそ女子は「矯正」という言葉を信じ、自分への未来投資のために小顔矯正に足を運ぶのです。

では「小顔矯正」には一体どんなものなのでしょうか。
小顔矯正は骨を動かして骨格を矯正していくことで、顔を一回り小さくするという記述がよくあります。
整体サロンなどで整体師さんがやってくれますね。
身体の歪みを調整することで、身体への負担を根本的に改善への道へ導いてくれます。
しかし残念ながら実際のところは、骨を動かして骨格を矯正するという医学的根拠は証明されていません。
また、日本には整体の国家失格がないこともあり、整体師さんはピンからキリまでです。
そのため、誤解をされてしまうことが多々あることでしょう。
ですから、腕の良い整体師さんに、きちんと身体をみてもらうことは、伝統医学の概念からみても本質的には良い事なのです。

小顔矯正の効果得る人の秘訣とは

お手軽に綺麗な女性を目指せる「小顔矯正」。

しかしながら、小顔矯正をして効果を得た方もいらっしゃいます。 それは、どういうことなのでしょうか。

まずは手軽にできるマッサージを試みる

ヒトは、夜寝ている間、心臓と同じ高さに顔があるため、水分が上がってきてしまいます。
そのため、朝起きると「浮腫み」で顔がパンパンだという現象がおきるのです。
逆にいえば、夕方になると、立ち仕事や同じ体勢でずっといた結果、重力で体の中の水分が全部下に流れ結果的に足がむくんでいくのです。

さて、例えば足がむくんだとして、そのあと何をしますか。
一番簡単な方法は「マッサージ」ですよね。
この対処法は決して「足矯正」ということにはなりません。
そうです、足がむくんでいたらマッサージをすれば良いのです。
「顔」も同じです。まずは「マッサージ」で対処していけば良いのです。

さて小顔のためのマッサージ、色々ありますが、自分でやりますか?
マッサージに通い続けますか?楽なのはもちろん、誰かにやってもらう方でしょう。
寝ているだけで良いのですから。

自分の出来る範囲で長く続け、ストレスをためない事が重要

しかし、最も大切なことは、やはり続けることです。「継続は力なり」なのです。
美しくあるために、毎日顔のマッサージ。
ダイエットよりは気軽にできそうです。

また、奥歯に力をいれていると、顔の筋肉が偏ってきます。
その結果、顔にゆがみがでてくるのです。
朝起きてむくんでいるのは当たり前なのです。
重力に逆らえというのは無理な話なのです。
しかし浮腫みには、重力による水分の流れ以外にも理由はあります。
運動不足、偏った食生活、睡眠不足も浮腫みの十分な理由になります。

これらは「きれいな身体づくり」の基本です。
まずは自分の力でできる生活のリズムの改善をしていきましょう。
夜遅くまで働いている方もいるでしょう。
食べる体力もなく、化粧を落として寝るのが精いっぱいな人もいることでしょう。
自分のできる範囲でいいのです。
ストレスに繋がらない程度に心掛けていけば良いのです。
ストレスは美しさの最大の敵です。

マッサージによるリンパの流れを改善

お手軽に綺麗な女性を目指せる「小顔矯正」。

ところで「マッサージ」をすることでどんな効果があるのか知っていますか。
よく知られていることですが、リンパの流れが非常によくなっていくのです。
リンパの流れをよくすることは筋肉の動きや外からの物理的な刺激がなければ、なかなかリンパは流れません。
筋肉を動かしリンパを流すことが浮腫み解消の近道なのです。

マッサージをしたあと、その箇所が赤くなったりするのも、血液の流れ、しいてはリンパが流れているということなのです。
リンパの中には、細胞からの排出物なども含まれているため、リンパの流れが悪いと逆に、身体の毒素が排出されないのです。

以上のように、「マッサージ」による小顔への道は女性って一番の方法といえるでしょう。
それでもなお、「小顔矯正」にひかれ足を運ぶのは「矯正」という言葉の持つ威力と、ある程度のマッサージをすることでリンパが流れ、その効果により「小顔になった」と勘違いしてしまっているのでしょう。
少しでもきれいに思われたい、見られたいと感じることは女性にとって当たり前のことです。
だからこそ、自分自身できる身近なところから改善し、美しい女性になるために「美」を追求していくことが大切なのです。

検討中リスト

特集

求人速報

SNS

お知らせ

PAGE TOP