風俗出稼ぎ求人の出稼ぎ女子|デリヘル・ソープ高収入アルバイト

出稼ぎしながら癒され温泉

風俗でお客様を癒しながら自分も癒される

出稼ぎしながら癒され温泉

風俗で出稼ぎに行くならお金も稼ぎたいし、プチ旅行もしたいと思う女の子は多いはずです。ショッピングやレジャーを満喫するのも良いですが、今どの世代の女の子に聞いても人気なのが「温泉」です。お仕事の疲れだけでなく、日頃から溜まった疲れやストレスを文字通り水に流してくれる温泉は出稼ぎ先としてもメリットがたっぷりで魅力的です。
また、温泉の中には美肌効果や女の子特有の冷えや頭痛、肩こりに効く湯があったりと癒されながらキレイに健康になれる要素が満載!今回は出稼ぎ先として選びたい「温泉地」を特集していきます!

温泉地出稼ぎのメリットとデメリット

まずは温泉地に出稼ぎに行く際のメリットとデメリットについてふれていきたいと思います。遊びに行くだけではなく、あくまで風俗の出稼ぎですからお仕事の部分に注目しながら見ていきましょう。

~メリット~

温泉地の傍には風俗街あり!利便性の良さが◎

全国の温泉地を探すとお決まりのごとく、近くに風俗街やソープ街がある事が分かります。風俗街がなくても必ずと言っていいほどデリヘルなどの無店舗型の風俗店がエリア内にはある為、待機所や寮が温泉地の近くにありすぐにお仕事に行けます。また空いた時間やお仕事終わりに近くの温泉に気軽に行けるので相性抜群ですよね。遠いと温泉に行った後に湯冷めして風邪を引くなんて事も考えられるので近い方が良いですね。

温泉への男性観光客=風俗店利用率が高い
出稼ぎしながら癒され温泉 浴衣

全ての男性がそうとは言いませんが、男の人同士で温泉地へ来たら美味しい料理を食べてお酒を飲んで、風俗へ癒しを求めに行くのはお決まりのパターンです。ましてや観光で来ているのでお金に余裕を持って来る方が多い為、長い時間利用してくれたりオプションをつけたりとせっかくの風俗を満喫しようと考える方が多いそうで女の子はズバリ稼げます。
気に入った子が出来た場合、宿泊中にもう一回指名するなんていう短期リピーターもいるそうなのでそういう意味でも他のエリアより稼げる機会が増えるのではないでしょうか?

温泉地の風俗店は出稼ぎになれている所が多い

地域柄、温泉地は元々出稼ぎで来る女の子が多いのも特徴です。その為、出稼ぎ慣れしているお店が多く待遇や女の子の扱いが他のエリアのお店より上手な事が挙げられます。 未経験の方で不安がいっぱいの方や他のエリアで働いてみたけど満足出来なかった方などは温泉地への出稼ぎをオススメします。

~デメリット~

出稼ぎ場所の観光シーズン=繁忙期を知っておく必要がある
出稼ぎしながら癒され温泉 もみじ-紅葉

温泉地にはその場所に応じて忙しいシーズンが決まっている所があります。紅葉がキレイなシーズンに混む所や、避暑地として利用される夏場がピークの場所など出稼ぎ先がいつ観光シーズンなのかを把握しておかないと待機時間が長くなってしまって稼げないなどのデメリットが発生する可能性がありますので事前に調べたりお店に問合せするなどの対策が必要でしょう。

お仕事終了時刻に注意

基本的に風俗でのお仕事が終わるのは夜中の12時を過ぎてからが多いと思います。その時間になると温泉が営業していなかったり、入浴に必要な物が売っていなかったという話も良く聞きます。そんな時は早朝入浴やお仕事の時間や期間をずらしたりして自分の時間をキープできるようにお店に話してみましょう。癒しを求めて温泉地出稼ぎを選んだら温泉は必須ですからね。

出稼ぎにオススメの全国の温泉地&効能

雄琴温泉(滋賀県) By イーゴス108 (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

雄琴温泉(滋賀県)

雄琴(おごと)温泉は滋賀県にある温泉街です。琵琶湖の傍の温泉地でその歴史は深く約1200年と言われており風俗関係以外の観光客の訪れも多い温泉になります。
近くには「大津市おごと温泉観光公園」などがありイベントを行っており気軽に温泉を楽しめる場所としての人気も高いです。温泉はアルカリ性で泉温は大体30℃ほどなのでゆったりと浸かる事が出来ます。
効能は神経痛、筋肉痛、冷え性、疲労回復などです。

片山津温泉(石川県) By Akimoto (Own work) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

片山津温泉(石川県)

片山津(かたやまづ)温泉は石川県の加賀市にある北陸地方を代表する名湯で、霊峰白山の湖畔にあり日に七度色が変わるという湖面の絶景を見ながら温泉を楽しむ事が出来ます。
屋形船や湖畔を巡るサイクリング、温泉豆腐などのグルメなども充実している癒しスポットの泉質は塩化物泉で泉温は72℃と高いので凄くサッパリとした気分になるでしょう。
効能は冷え性、疲労回復、やけどや慢性皮膚炎など。

別府温泉(大分県) By 663highland (663highland) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

別府温泉(大分県)

日本一の源泉数と湧出量(お湯の湧き出る量)を誇る別府(べっぷ)温泉は市内各地に数百ある温泉の総称で、その数だけでも圧倒されてしまいますよね。
温泉の都、泉都とも呼ばれる別府市は今もなお自然湧出の源泉があり、その名所を巡る別府地獄めぐりなどが人気の文字通り温泉の街です。泉質は10種類と言われており泉温も場所により違います。街を歩くだけで見かける立ち昇る温泉の湯煙はまさに世界に誇る温泉郷の風格と言えるでしょう。
効能は冷え性、疲労回復はもちろん婦人病、不妊症など多岐に渡り効果が望めます。

皆生温泉(鳥取県) By 663highland (663highland) [GFDL, CC-BY-SA-3.0 or CC BY 2.5], via Wikimedia Commons

皆生温泉(鳥取県)

鳥取県の皆生(かいけ)温泉は他に比べると狭い範囲に大小の宿泊施設が軒を連ねる温泉街で年間に約40~50万人の観光客が訪れる事でも知られる鳥取市最大の温泉地です。
白砂の美しい弓ヶ浜沿いにあり、大山も見える格別の景色が売りで日本の様々な100選にも選ばれている事でも有名です。近くでは夏は海水浴、冬はスキーなどの自然を使ったレジャーも楽しめるとあってファミリー層や若い世代を中心に人気を博しています。
泉質は塩化物泉で泉温は89℃。効能はリウマチや胃腸病、皮膚病など様々ですが特に美肌に良いとされ女の子には嬉しい温泉です。

石和温泉(山梨県) By Sakaori (Own work) [GFDL or CC BY 3.0], via Wikimedia Commons

石和温泉(山梨県)

石和(いさわ)温泉は山梨県にあり首都圏からのアクセスも良い為、東京や神奈川からの観光客が多いと言われています。
四季折々の楽しさを備える山梨県の様に石和温泉郷は様々なコンセプトを掲げ個性的な温泉を満喫する事が出来ます。宿泊施設もホテルから旅館まで大小様々で選ぶ段階からワクワクしてしまいます。周りには手湯や足湯など気軽に温泉に触れる事の出来る施設も充実しているので日帰りでも存分に楽しむ事が出来るでしょう。泉質はアルカリ性単純温泉で泉温は49℃と言われています。
効能は美肌や冷え性、疲労回復や神経痛などです。

最後に

いかがだったでしょうか?日本人、特に女の子はお風呂や温泉が大好きですよね。
出稼ぎでのお仕事ももちろん大事ですが、疲れて嫌になってしまってはいけません。
癒されながら高収入をゲット出来るってなかなか良い環境だと思いませんか?当サイト出稼ぎ女子は出稼ぎ特化求人サイトですので、近くに温泉がある店舗もバッチリ掲載中です!自分に合ったお店探しをして良い出稼ぎライフを送って下さいね!

検討中リスト

特集

求人速報

SNS

お知らせ

PAGE TOP