風俗出稼ぎ求人の出稼ぎ女子|デリヘル・ソープ高収入アルバイト

風俗出稼ぎ求人掲載のご案内

風俗出稼ぎに身分証は必要

出稼ぎ風俗 「身分証」

風俗店で働く時に準備しておきたい身分証のお話しになります。
風俗の場合、一般的なお仕事で必要な履歴書や職務経歴書は必要ありませんが「18歳未満の未成年ではないこと」「不法就労の外国人ではないこと」を証明するための身分証が必要となり、法律で従業者名簿を保管しておかなければいけない為(3年間保管)です。

「身分証を悪用とかされないの?」「身バレが怖いな…」とお思いの方も多いかと思いますが、身分証の提出をしないことは後々とても厄介なことを引き起こしてしまう可能性があるんです。
もし18歳未満の女性や在留資格のない外国人が働いていたら、そのお店は違法店舗として営業停止になってしまいます。

しっかりしたお店になればなるほど、身分証明証の確認は厳しくなります。
身分証がなくても働けるお店や、本人確認の困難な保険証などで年齢確認をするなど、キチンとしていないお店は違法店舗の可能性がありますので気をつけましょう。
つまり、身分証などの確認をしっかりしているお店は安心ということです!
ちゃんとしたお店で働きたいのなら身分証は必ず用意しましょう。

風俗で働く際に有効な身分証について

風俗店では
●顔写真付きの身分証
●本籍または国籍が分かる身分証
が必要になります。

風俗営業法(風営法)では「氏名・住所・生年月日・本籍または国籍」が確認できる公的機関が発行した身分証が必要と定められています。

法的には本籍地が分かる身分証として「住民票」の提出だけで要件を満たしますが、本人かどうかを確認するため顔写真付きの身分証の提出も求められます。
顔写真がなければ本当に本人なのかどうか確かめることが難しいので、顔写真のない保険証や学生証ではダメというお店がほとんどです。

本人の申告のみを信用して採用した場合で、実際は年少者や外国人であった場合お店が処罰されます。

有効な顔写真付き身分証は?

風俗出稼ぎで有効な顔写真付き身分証は?

●運転免許証
●パスポート
●マイナンバーカード
●写真付き住基カード(現在、住基カードの発行・更新は終了していますが、有効期間内であれば身分証として使用することが出来ます)
上記にプラスして本籍地入りの住民票が必要になります。
マイナンバーカードについては『個人番号の提示』は必要ありません。表面の顔写真がある方のコピーが必要になりますので誤解しないようにしてください。

また外国人の方の場合は
●外国人登録証や在留カード(永住者や日本人の配偶者や定住者など)
が必要になります。

その他、国もしくは地方公共団体の機関が発行した写真付き身分証明書でも法的には問題ありませんが、
お店は、若年女性を雇用するにあたって確実な調査方法を講じて本人の年齢を確認すべき注意義務を負っているため、偽造されているのかどうかの判断が難しいマイナーな証明書では断られる場合もあるようです。

※お店や地域によって異なる場合もあるかと思いますので、最終的にはお店に確認してください。

風俗で働く際に無効な身分証について

●健康保険証
●学生証
●卒業アルバム
●期限切れの身分証

身分証として一般的な健康保険証ですが、顔写真が確認できないため本人かどうかわかりませんので、健康保険証で働くことは難しいようです。
また、学生証も国公立であれば法的には身分証としての要件を満たしますが、簡単に偽造できるものや、偽造されたものかどうかも分かりにくいため無効としているお店も多いようです。
卒業アルバムに関しては、そもそも身分証ではありません。
お店が児童福祉法違反で摘発された場合に「卒アルで本人確認をしました」と弁明しても、認められないと簡単に想像できます。

風俗で働く際に無効な身分証について

風俗で働く際に有効な写真付きの身分証を持っていない方も多いと思います。
そんな場合はどのようにしたら良いのでしょうか?
「お店に頼みこんで特別に許してもらいたい」と考える方もいらっしゃると思いますが、冒頭でもお話したように、身分証がなくても働けるお店や、本人確認をキチンとしていないお店は違法店舗の可能性がありますので気をつけましょう!

ですが、お金に困っているから今すぐ働きたい場合もあるかと思います。
そんな方にオススメなのは「原動機付自転車免許」の取得です。
原付免許でしたら発行までの期間が短く、多少の勉強は必要ですが比較的簡単に取得できます。費用も1万円弱で即日発行と、すぐに働きたい場合に有効な手段となります。
その他にはパスポートもありますが、費用は11,000円~16,000円で発行まで約1週間程かかります。
また、マイナンバーカードについては費用は無料ですが取得まで約1ヶ月ほどかかるようです。

最後に

風俗店に入店する際の有効な身分証と無効な身分証についておさらいです。
お店は「18歳未満の未成年ではないこと」「不法就労の外国人ではないこと」確実な調査方法を講じて確認すべき注意義務を負っているため身分証確認が必要となります。
確実な調査方法として公的な身分証を用いて本人かどうかを判断しています。

身分証の提示は法律で義務付けられていることです。
無用なトラブルに見舞われないよう、お店を疑わずに、きっちりと必要な書類は持っていきましょう。

検討中リスト

検討中

特集

求人速報

SNS

PAGE TOP