風俗出稼ぎ求人の出稼ぎ女子|デリヘル・ソープ高収入アルバイト

風俗出稼ぎ求人掲載のご案内

風俗で一番怖いお客とは?嫌な客を回避してストレスを貯めずに風俗で稼ぐ3つのテクニック

風俗で一番怖いお客とは?嫌な客を回避してストレスを貯めずに風俗で稼ぐ3つのテクニック

みなさんこんにちは。
2016年もはじまり、もう季節は夏ですね。引っ越しや会社の移動等もだいぶ落ち着いて来た頃かと思われます。
今回は風俗で働くうえで最も多い本番行為の防止方法について解説をし、そこから稼げるようになる逆転の発想で、ストレスを貯めずに働く方法をお伝えしたいと思います。
まずは一人の女性から出稼ぎ女子に悲しみの報告がありましたので皆さんと共有させていただきたいと思います。

まさか私は悪く無いのに退店することになるなんて…

『私がホテヘルで働いていた時に、酔っ払って態度の悪いお客さんについてしまい、その人が強引に中に入れようとしてきたので、とっさに相手を足で押しのけて、「やめろ!」と怒りました。
そのお客さんは完全に萎えてしまい、改めてサービスをやり直そうとしましたが拒否られ帰ると言われました。
その次の日から、急に私はフリーのお客さん(指名の無い客)に付けてもらう回数が減ってしまいました。
特にお店自体は暇になった様子では無かったので、どうしてなのか当時の私は理由がわからずに一か月経過しました。
さすがに私にも生活があるので、どうしてフリーに付けてもらえないのかお店の人に聞いたところ、

「ある常連のお客さんから君の接客が最悪だったので二度とつけないでくれとお願いされた」

と言うのです。
私は全く心当たりが無かったのですが、なんとかお願いをしていつ頃のお客さんか尋ねたところ、あの時の本番強要をしてきたお客さんが、拒否られた腹いせのためにお店に私のサービスが最悪だったとでまかせなクレームを入れていたということが発覚しました。
『店の人に説明をして、なんとか誤解は解けたのですが、一ヶ月間稼ぎが減って、少し無駄な時間を過ごしてしまいました…(泣)。』

彼女はその件でお店に不信感をもってしまった様で、その後、お店を退店した様です。
一体、彼女はお客さんからクレームを出さないようにするためにどう対応するのがよかったのでしょうか?

不潔な客、酔っ払い、ストーカー。風俗で一番やっかいなお客とは?

風俗業界で働いていると、必ずと言っていいほど本番強要をするお客さんに巡り合います。
ですが本番強要が怖いから働かない!となってしまってはせっかく短期間で高収入が手に入るチャンスも台無しです。あくまでも一部のお客さんだけで、ほとんどのお客さんは紳士で純粋に基本的なサービスを楽しみにきているお客さんばかりなのですから。

絶対にやってはいけないとわかっているのに、お客さんから本番強要をされた時にパニックにならないように、本日は本番強要を回避できる有効な方法を学んでおきましょう。

本番とは性行為のこと。

風俗で本番があるお店の業態はは一つしかない。それはソープランドです。
ソープランドは基本的に本番行為を容認しています。反対にそれ以外のヘルスやピンクサロンなどの風俗店では本番行為が一切禁止になっています。
ですが、それにも関わらずソープ以外の業種でも男性はつい出来心で、隙があればうっかり本番をしようとしてくるのが実情です。
今回はソープランドを除いた風俗の本番強要問題についての記事です。

本番強要をされると回避はできないの?

遊びなれている男は隙があればあの手この手で何とか入れようとしてきます。
ですが傾向と対策をしっかりとここで学び理解することができれば、うまく回避をすることが可能になるでしょう。

1. お客がよく使ってくるセリフを覚え、それに対する言葉を用意しておく

風俗で一番怖いお客とは?嫌な客を回避してストレスを貯めずに風俗で稼ぐ3つのテクニック

「客がよく使うセリフ集」 → 撃退!
・客 「前回ついた女の子も本番させてくれたよ~。だから君も本番しても平気だよね?」
→あなた 『前についた子って誰ですか?本番は禁止だから店長に言いますね!』

こう言えばたいていのお客さんは女の子の名前を出しません。なぜなら店長に連絡をされては困るからです。

・客 「やらせてくれたら次回も指名するよ。絶対約束するし、すぐ終わるからさ!」
→あなた 『そうですか?でも私次いつ出勤するかわからないし、大丈夫です!
その代わりに、私がいっぱい気持ちよくしてあげるね♪(^^♪』

こういうお客さんは今さえ良ければいいタイプなので次はあり得ません。さらりとかわした後は、お客さんの体の上に乗って安全を確保してください。
・客 「連絡先教えて。お店の外で会おうよ。直接お金を払うからさ。その方がお金入ってくるでしょ?」
→あなた 『私、今実家で、門限が厳しいんです。それに携帯も親名義なのでチェックされてるから。
今でもたくさんもらってるんで、無理をなさらないでください。でも淋しいのでたまにはお店に遊びに来てくださいね♪』

この場合も相手の言葉を信じてしまうとまずろくなことはありません。仮にお店の外でお客さんと会ったとしてもお金を本当に払ってくれる保証がなくなってしまいます。
お店の受付で前払いでお金をもらっていることによって、安心と安全が確保されていると言うことを忘れないようにしてください。

・客 「・・・・・・」 (何も言わずに入れようとしてくる客。)
→あなた 『待って!』 (大きく腰を持ち上げて素早くかわす!)
『やめてください!やめないとお店に電話しますよ!』

前触れもなくどさくさに紛れていきなり入れてこようとするお客さんはしつこいです。
そしてあなたが何も言われなければそのまま入れてしまうという確信犯でもあります。
はっきりと断り、お店に連絡をすると伝えていったん離れるのがいいでしょう。

ストレスにならないためのワンポイントアドバイス

・あまり強く断ってしまうと、お店に嫌がらせのクレームを出されてしまうので、お客を怒らせないようにする。

・あまり長くプレイを中断してしまうと、お客のあそこがしぼんでしまうので、また元気にするまでにかなりのエネルギーを消費してしまいます。なので回避をする時はお客さんのあそこを手で握ってしまうというテクニックが有効になるでしょう。

・普段は優しい本指名のお客さんでも一時的に魔がさすことがあるので、その場合は、「入れたらダメだよ!本番は禁止だから、私がお店をクビにさせられるんだよ。
そうしたらもう二度と○○さんと会えなくなっちゃうんだよ?そんなの嫌だ…(泣きまね)」
という感じで、感情に訴えて冷静にさせてあげるのが良いでしょう。

・基本サービスで後半にある素股(すまた)は、バック素股が一番危険で入りやすいので、信用がないお客さんとは出来るだけ騎乗位素股で頑張るようにする。

・あそこのサイズが小さな人は騎乗位素股でも入りやすいので注意

まとめると、相手の気分を盛り上げながら、相手の話に耳をかさず、上手に受け流すことが、トラブル防止にもつながりますのでガンバって覚えるようにしてください。

2.未然に防ぐ方法はないのか?

風俗で一番怖いお客とは?嫌な客を回避してストレスを貯めずに風俗で稼ぐ3つのテクニック

ではお店によって本番強要を減らすことはできないのでしょうか?
もちろんデリヘルよりは店舗型ヘルス、店舗型ヘルスよりはピンサロの方が本番強要のリスクは減るかもしれません。ですがデリヘルでもホームページや、受付でのフロントスタッフの対応がしっかりとしているお店は、お客さんの質も違ってくるのです。

参考までに、しっかりしたお店のポイントを簡単に書きますので、今後働くお店の参考にしてみてください。
→優良店がやっていること
・ お店のホームページにしっかりと本番行為が禁止ですと目立つように書いている。
・ お店の求人募集欄の説明が細かく、給料もわかりやすいように書いてある。
・ フロントのスタッフの対応がよく、言葉遣いも綺麗。
・ 受付終了後、お客さんを見送る前に、もう一度本番行為が禁止だということを伝える。

この他にも、激安店や、深夜店の場合は酔っぱらいが増える傾向があるので、本番強要をしてくる可能性が増えます。
あなたができることは、ネットをチェックする、待機室でほかの女の子に状況を聞く、などですので、気になるようでしたら情報収集することをお勧めいたします。

3.万が一無理やり本番をされて、中に出された場合は??

風俗で一番怖いお客とは?嫌な客を回避してストレスを貯めずに風俗で稼ぐ3つのテクニック

万が一、断りきれなくて無理やり本番をされ、中に出されてしまった場合は、悲しみで途方にくれないで下記のように冷静に対応してください。

・スタッフに今のお客さんに本番をされたことを伝え、出入り禁止にしてもらう。(あまりにもひどい場合は警察へ)

・ピルを飲んでいない人の場合は病院に行き、最大72時間以内にアフターピルを飲むようにしてください。

アフターピルとは性行為の後に飲むことによって無理やり生理状態にし、妊娠しないようにすることができる薬です。
日本の病院では1回5000円位の診察代と治療費がかかりますが、海外の個人輸入サイトなどでも安く購入することもできます。
万が一の時のために、持ち歩く出稼ぎ風俗嬢も中にはいるようですが、心配な方はすぐに病院に行くようにしましょう。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?
今回は風俗で働く女性の場合は誰もが避けては通れない本番強要のトラブルについて書いてみました。
風俗に遊びに来るお客さんは女性との一体感が恋しくて利用する男性がほとんどです。
もちろん無理やり本番をしようとしてくる男性が悪いのですが、一時的に興奮してしまっていると言う事を理解してあげてください。
そしてあなたのサービスと温もりで優しく包み込んであげられたときに、感謝をしてまた次回も指名で来てくれるようになります。
お店の人や、同僚の女の子と協力をしながら、あなたの可能なサービスを磨くようこころがけてください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
少しでも悩める女性の悩みが無くなり、多くの女性に最高の幸せが手に入ることを願って
ではまた次回お会いしましょう。
皆さんがハッピーで過ごせますように☆ BE HAPPY !

検討中リスト

検討中

特集

求人速報

SNS

PAGE TOP